« 一番難しいHold'emの初手 | トップページ | 読書漬けの日々 »

2004.07.08

一番難しいHold'emの初手(続き)

子供の風邪が伝染ったのか、昨日は40度の熱が出て、家でくたばってました(ToT)

Stewart Reubenが一番難しいと思っているのはQQで、特にサテライトでは一番難しいと書いていました。
T.J.はKKの方がはるかに難しいと言っていたそうです。

確かに、ガツンとリレイズされた時に、QQは降りることができても、KKはなかなか降りられないですね。KKで勝ってることも多いし。

うーん、それにしても個人的にはKKというのは予想を超えてました。ライブを中心にしている人なら例えAAにぶつかっても交通事故くらいにしか思わないかもしれないけど、トーナメントを中心にプレイしている人だと一つの失敗が命取りになるからなのか...理由までは書いていなかったのでわかりませんけど、確か数年前のWSOPでKKを持ってたT.J.はAAにスロープレイされて初日に飛んだことがあるので、そのことを根に持ってたりして(^^;

|

« 一番難しいHold'emの初手 | トップページ | 読書漬けの日々 »

コメント

さっそく入れてくれてありがとう。楽しみにしてたT.Jの話、「KK」はそんな逸話があったのか!聞けば、非常に興味のある話だね~。人の一生・人生は「事実は小説より奇なり」だから。まぁ~、トーナメントではどのハンドでも不安は隠せないよね。これって、幾ら考えても確率以上の話は誰も出来ないから、ポーカーは面白い(笑)。でも、一面ではファジーなアクションがこれ見よがしにまかり通ってしまう。だから、ぐちゃぐちゃ、言うなって言いたくなる。おっと、またまた、顰蹙をかうかな?(笑・笑)。

投稿: aki | 2004.07.08 11:44 午後

確か、プリフロップでT.J.がKKでレイズしたら、誰かがコール。A,Kが無いフロップでT.J.がベットしたら、相手がレイズ、T.J.がリレイズ・オールインしたら、相手がコール。T.J.が「セットか?」って聞いたら、相手は「いや、違う」。「AAか?」って聞いたら「そうだ」って答えた。という話をどこかで読んだことあります。Andyのレポートかなぁ。。。

> これって、幾ら考えても確率以上の話は誰も出来ないから、ポーカーは面白い(笑)。

そうですね。毎回のアクションにDecisionが必要で、オートマチックにプレイするということが無いところが面白いですよね。だからこそ、
「お、akiさんがlimp inした。」
「もう一人コールした。」
「さらに僕がコールすれば、よっぽど強い手が入らない限り後ろからレイズが来ることはなくなるだろう。」
「akiさんのバウンティ狙いだから、よっぽどひどい手でも参加するぞ」
「げ、94oか。こりゃひでぇな。でもしょうがないフロップ見るか」
となるのです(笑)

投稿: awk | 2004.07.09 06:27 午前

いいね~(笑)。あの時のアクションは後日、ドイちゃんと話したよ(笑)。リバーがチェックだったので、あれっ?と感じたのを覚えている。あの時の3人の会話は「?」「?」「?」だったのかも。日頃から、カードで会話したいと思ってる。P・Pでも予想外のカードが出てくるけど、その前に幾つか会話が出来てると「なるほど・・・」と素直に笑える。そんな時にポーカー(勝負)の面白さを感じるよね。これからも、冗談だったり、シリアスだったり、よろしく(笑)。

投稿: aki | 2004.07.10 12:31 午後

13日から行ってきます。24・25・27日は出たいのでそれまでは、バカラ禁止、じゃないウォー禁止(笑)。

投稿: aki | 2004.07.11 06:00 午後

昨日帰って来ました。オ-リンズは収穫なし。ミラージはボタンからAKsでオールインにBBがKKでコール。フロップKで終わり(笑)。でも、ポーカーは出来たので納得でした。又、挑戦します。

投稿: aki | 2004.07.29 03:05 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/927595

この記事へのトラックバック一覧です: 一番難しいHold'emの初手(続き):

« 一番難しいHold'emの初手 | トップページ | 読書漬けの日々 »