« 一番難しいHold'emの初手(続き) | トップページ | 読書漬けの日々(続き) »

2004.07.20

読書漬けの日々

年に1,2回読書にはまることがあるんだけど、今年もビッグウェーブがやってきて読みまくってます。

ホテルカクタス 江國香織
ウエハースの椅子 江國香織

4,5年前にポーカー友達の一人に教えてもらって「きらきらひかる」を読んだのがキッカケで、江國香織の本を読むようになりました。ホテルカクタスは、絵本じゃないけど挿絵がたくさん入っていて、帽子ときゅうりと数字の2が主人公というすごいユニークな作品。「僕の小鳥ちゃん」の時もそうだったけど、この本も読み終わった後、心の疲れがストンと落ちるようなスッキリした気持ちになれました。

「ウエハースの椅子」の方は、江國香織が得意とするようなちょっと不思議で切ない恋愛(?)小説。一度読み始めると、グイグイ引きこまれるストーリーはさすがって感じ。

天使の卵 村山由佳
西の魔女が死んだ 梨木香歩

「ウエハースの椅子」のあとがきで、本が出たら必ず買う作家は?という問いに江國香織に続いて何人かの名前があがっていたので、読んでみました。前者はあまりよんだことがないけど少女漫画を小説にしたような感じ。もう1冊くらい読んでみるかもしれないけど、ちょっと僕とは波長が合わない。江國香織は波長がぴったり合って、読んでいて気持ちよくなれるんだけど、そこまではいかなかった。後者は結構面白かった。子供が大きくなったら読ませたい本の1冊かな。

「ドールの子」グイン・サーガ95巻 栗本薫

これは高校生の頃から読み続けている、SFファンタジー巨編。うーん、いつになったら終わるんだろう(笑)

ちなみに、去年は「ラウンダーズ」のマット・デイモンが主役を演じた「ボーン・アイデンティティー 」をDVDで見て、いっきにはまって、原作を読みふけっていました。

暗殺者(上、下) ロバート・ラドラム
殺戮のオデッセイ(上、中、下) ロバート・ラドラム
最後の暗殺者(上、中、下) ロバート・ラドラム

面白かったけど、ちと長すぎて読むのに疲れました。

今年も読み疲れるまで、もうしばらくは、マイ読書ブームが続きそう。
あ、そうだ。何か面白い本(文庫本に限る)があったら教えてください(_o_)

|

« 一番難しいHold'emの初手(続き) | トップページ | 読書漬けの日々(続き) »

コメント

コッソリROMしてました。

僕もグイン・サーガ読んでます。
awkさんと同じく高校生の頃から(笑)
店頭には26巻「白虹」が最新刊として平積みされてました。
発行日を調べたら、17年も前・・・人生の半分じゃないか(笑)
Pokerも人生の半分以上の趣味にしたいなぁ。

面白本は・・・既読or守備範囲外かもしれませんが、
・天狼星1・2・3(栗本薫)
・リング/らせん/ループ/バースデイ(鈴木光司)
・こげぱん~やさぐれマンガシリーズ~(たかはしみき)
は、寝床の枕元に置いてあります。

投稿: baku | 2004.07.23 05:45 午後

はじめまして。
江國さんの本では『流しの下の骨』が一番好きなloveです。

最近は恋愛小説は読んでいないのですが、同じく江國さんの小説に出てきた尾方亀之助の詩集をよく読んでいます。言葉がきれいで素敵ですよ星

投稿: love | 2005.01.11 02:56 午前

コメントありがとうございます。

詩集は読んだことありませんが、今度日本語の活字に飢えた時に参考にさせていただきます。

投稿: awk | 2005.01.11 01:47 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/1010473

この記事へのトラックバック一覧です: 読書漬けの日々:

« 一番難しいHold'emの初手(続き) | トップページ | 読書漬けの日々(続き) »