« World Heads Up Poker Championship | トップページ | トーナメントと時給(続き2) »

2004.09.16

トーナメントと時給(続き)


Player EV SD Num EV*
Num
Min Max BR WR
10 Even 0.11 15.61 180 20 -399 439 4,934 0.11
Good 3.29 13.77 180 591 222 961 130 3.29
Expert 9.00 10.41 180 1,620 1,341 1,899 27 9.00
20 Even 0.11 20.70 120 13 -440 467 8,673 0.07
Good 3.29 20.17 120 394 -48 836 279 2.19
Expert 9.00 19.04 120 1,080 663 1,497 91 6.00
30 Even 0.11 23.22 90 10 -431 451 10,919 0.06
Good 3.29 23.30 90 296 -146 738 372 1.64
Expert 9.00 23.15 90 810 371 1,249 134 4.50
100 Even 0.11 20.70 60 7 -314 327 8,673 0.04
Good 3.29 20.17 60 197 -115 510 279 1.10
Expert 9.00 19.04 60 540 245 835 91 3.00

参加費10+1点のトーナメントです。賞金のペイアウトは某最大手オンラインポーカーサイトを参考にしました。

所要時間は、開始10分後から約5,6分毎に一人各テーブルからバーストするとして、10人テーブルの所要時間は1時間、以下20人は1.5時間、30人は2時間、100人で3時間としています。

Even Playerは、10人トーナメントで9回中3回、20人では18回中4回、30人では27回中5回入賞する人です。
Good Playerは、10人トーナメントで7回中3回、
Expert Playerは、10人トーナメントで5回中3回入賞します。(利益率0.9)
入賞した時の順位はそれぞれ均等として、10人テーブルで3回入賞したら、1位、2位、3位が各1回です。(*)

(*)実際、Expert Playerは各順位均等ではなく、例えば10回入賞中1位5回、2位3回、3位2回のように、上位に厚くなると思います。また、上位入賞の比率が多くなるほど、利益は格段に大きくなるので、利益率が2.0を超えることもあるでしょう。

1回トーナメントに参加すると、早く終わろうが優勝しようが、上記の所要時間が終わるまでは他のトーナメントには参加しません。実際、参加人数が多いトーナメントほど開催数も減るので、参加機会は少なくなります。

Numは、1日9時間プレイして1ヶ月(週休2日で実働20日)180時間で、トーナメントに参加する回数です。
EV*Numが、1ヶ月あたりの期待収益ですが、実際はMinとMaxの範囲に収まるどこかです。
BRはほとんど破産しないために必要なBankrollです。
WRは時給です。

気になる点としては、

・10+1点程度のバイインでも、Even Playerが破産しないためには約5,000点必要。
・Good Player程度では、マルチテーブルでは1ヶ月で赤字になることもある。

ってことは

・オンランドでの移動費や宿泊費等を考えると、Good Player程度では年間を通して赤字になることは十分にありえる。

シングルは安定度抜群。

・サテライト、マルチで上位入賞を多くするための練習、空き時間を有効に活用するためにもシングルは便利。


もし続き2を書くとしたら、
・上位入賞率が厚いExpert Player
・1,000人規模のトーナメント
・トーナメントとライブの比較

|

« World Heads Up Poker Championship | トップページ | トーナメントと時給(続き2) »

コメント

丁寧な資料参考になりました、ありがとう。概ね、想像に近い感じだね。エキスパートの内容を想像してみました。
(想像される要因)
1.バンク・ロール(buy in×500)
2.スキル(ハンド+アクション)
3.メンタル(集中力+持続性)
4.環境(時間+周辺境遇)→天涯孤独の独身がベスト(笑)
5.情報(ポーカーに関する全て)
これ等をバランス良くQ・S(品質管理)すれば、ミス(アクシデント)は減少できる。大事なことはバランスを数値化(管理)出来るか否かでしょう。まずは一つ一つ項目の要因を細分化することから始めています。ポーカー始めて2年ですが1年以内に完成したいと考えています。アクシデントに遭遇したら、何処へフィードバックするかをそれぞれの項目別に確認出来る様にしておけば、あとはレベルアップ次第(笑)。要は自分の頭と感に頼らないでプレイすること。
さぁ~今からやるぞ!(^^)って、これが最悪か?(笑)。

投稿: aki | 2004.09.17 12:17 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/1449930

この記事へのトラックバック一覧です: トーナメントと時給(続き):

« World Heads Up Poker Championship | トップページ | トーナメントと時給(続き2) »