« Aruba Poker Classic | トップページ | 有名プレイヤーの比率($1,000以上) »

2004.10.05

ターンでチェックレイズされる(その2)

8月のキーハンドでもターンでチェックレイズされたけど、それは飛ばして、9月分。

9月は、過去に例を見ないくらいカードがひどかった。もっとも余りにもカードがひどいので、無駄な浪費をすることがなくて済んだけれども、NLならともかく、リミットで降り続けるほど、つまらないものはない。

一度UTGでKKが来た後、その後のUTGで1枚目のカードがKというのが4回続くが2枚目はローカードばかりで、そのことをぼやきながら「次に1枚目がKだったら、2枚目を見ないでレイズするよ」といったら、次のUTGでも1枚目がK。2枚目を見ないでレイズ、BBがコール。フロップは533みたいな感じで、チェック、ベット、コール。ターンがQで、チェック、ベット、フォールド。冗談で「またKだったんだよねぇ」ってカードを開けたら、2枚目はQ(笑)

と、それ以外に面白いことはないまま、序盤から3、000点~4、500点くらいをを行ったりきたりしているうちに、レートは400-800。チップは4,400点。残り5人で、入賞は3位から。チップポジションは4番目。

UTGが降りて、僕はKQでレイズ。ボタン、SBが降りて、BBでチップリーダーのBさんがコール。

フロップはT9X(4か5)でレインボー。

Bさんがチェック、僕がベット、Bさんがコール。

ターンはJ(スーツは失念)が落ちて、ボードはJT9X。僕はナッツをキャッチ(^^)

Bさんがチェック、僕がベット、Bさんがレイズ。

ナッツを持っているので、リレイズ以外の選択肢がないような気がするけど、念のためチップ量を確認する。僕の残りは2400点で、Bさんは僕をカバーしている。

Bさんが持っているカードの可能性は、

1)このトーナメントの最初の方でBさんがターンでレイズした後、カードをオープンしてブラフだったことを見せている場面があったけれども、ここではBさんがブラフしている可能性は低そうと考えた。

2)AAやKKをスロープレイしている可能性も低そう。

それよりも、濃厚なのは

3)KQはありえる。Q8や87もBBだったことを考えると十分にありえる。

4)3本や2ペアも同じくらいありえる。

のどちらかで結構強い手が入っている可能性が高いと思った。

気になったのは僕の残りチップがちょうど2400点で、ここでリレイズすると、あと1ベット分しかない。

Bさんに結構強い手が入っているならば、リレイズしてもコールはしてくれるし、リバーも多分コールしてくれる。また、結構強い手が入っているので、ターンで僕がコールした場合は、ボードによっぽどの変化が無ければ、多分リバーはベットしてくる。

例えリバーにどんなカードが落ちて(ペアって)ベットされても、僕に降りはない。けど、万が一ペアって(フルハウスで)ベットされた場合のために、リバーでコールしてもチップを残せるものなら残しておきたい。

ターンでリレイズしないと1ベット分損する可能性があるけれど、ポットも十分大きいし、今は「チップをたくさん集める」よりも「チップを持っていて生き残っている」ことが大事と考えて、コール。

リバーはラグってKQは変わらずナッツ。Bさんがベット、僕がレイズ、Bさんが87でコール。これで、チップ量に余裕ができました。

その後、めでたく優勝。HOPSでの1位、3位を合わせて、この日は17ポイントを獲得して、合計61ポイント。決勝参加資格を得ることができました。

|

« Aruba Poker Classic | トップページ | 有名プレイヤーの比率($1,000以上) »

コメント

あの日のAWKちゃんとのヘッズ・アップは負けて悔しかったのを憶えているよ。ヘッズまで来たら勝てる流れだっただに・・・。敗因はプリフロップで67sでレイズにリレイズされ、降りずにコールしたこと。あそこは素直にダウンだった(笑)、次回を楽しみにしてるよ。ところで、2テーブル・マルチを先日漸く200ゲーム消化した。結果カが芳しくなかったので、戦略を練り直してます。
・2テーブル・マルチ(20人)             
・buy in 20+2
1位・・9回
2位・・10回
3位・・16回
4位・・19回
結果は200ゲームで+280ユニット。
①途中18回連続入賞圏外。
②半切れコール(笑)の殆んどがバースト。
③25%の入賞率。
とまぁ、こんな感じだったので、以前にも書きましたが、品質アップのルーチン化を構築中(笑)。今回は少し時間を掛けてバージョン・アップしたい。50or100ユニットの1テーブルと2テーブルマルチを対象とする。おぼろげに入り口が見えてきているのでとりあえず3割打者にはなれると思う(笑)。

投稿: aki | 2004.10.05 09:08 午後

ヘッズアップでは、カードは相変わらずひどかったのですが、フロップが僕のひどいカードに合わせてくれたかのように恵まれていました(^^)

相変わらず、ペースが早いですね(^^;)
3位、4位が多かったのが残念でした。20回、15回、10回、5回のようになれるといいのですが、現実は厳しいですね。

$1,000以上のバイインでの集計終わりました。今度記事に書きます。

投稿: awk | 2004.10.07 12:01 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/1598692

この記事へのトラックバック一覧です: ターンでチェックレイズされる(その2):

« Aruba Poker Classic | トップページ | 有名プレイヤーの比率($1,000以上) »