« Stu Ungar | トップページ | 全ての道は、おいしいゲームに通ず »

2004.10.20

Stu Ungar(その2)

Stu Ungarは、WSOPのチャンピオンシップイベントで3回勝っている事で有名ですが、彼は80年代開催されていたAmarillo Slim's Super Bowl of Pokerの$10,000 チャンピオンシップイベントでも3回(1983,'88, '89)勝っているそうです。Super Bowl of Pokerがどの程度の規模だったのかはわかりませんが、当時の$10,000イベントは今と違ってそれなりの腕と経験がある人が大半を占めていたのではないかと思われるので、WSOP('80, '81)と合わせて約10年間の間に5回も勝っているのは驚異的です。

で、最近知ったことですが

・Stu Ungarは何回も破産していることで有名ですが、90年代半ばにはベガスの$20程度のデイリートーナメントでプレイしていた。

・WSOP '97で優勝したときは、そのイベントの開始10分前にお金を借りることができて、参加することができた。

96,7年頃、Luxorでポーカーを遊んでいた時に知り合った韓国(?)系の常連が"Ungarとは友達だ"みたいなことを言っていて、当時は全然信用していなかったのですが、もしかしたらUngarはLuxorのデイリーでプレイしていたことがあったのかもしれません。もしそうなら、一度くらい一緒に遊んでみたかったなぁ。

で、さらに最近知ったことですが、WSOP 97の参加費を出したのはBilly Baxterで、賞金は山分けだったそうで。その後また破産したUngarは、WSOP 98でもBilly Baxterから参加費の申し出があったのですが、開始10分前に疲れたからもうプレイできないと言ったそうです。(かなり薬にやられてたのかも^^;)


と、いろいろと興味引かれる逸話が多いので、楽しみにしています>The Man Behind the Shades


|

« Stu Ungar | トップページ | 全ての道は、おいしいゲームに通ず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/1728588

この記事へのトラックバック一覧です: Stu Ungar(その2):

« Stu Ungar | トップページ | 全ての道は、おいしいゲームに通ず »