« WPT@Bellagio Day 1 | トップページ | Two Plus Two Internet Magazine (その2) »

2004.12.20

Steps Tournament(その2)

僕はリッジレーサーズで忙しいし、WSOPやWPTにしか興味がないので他の事はどうでもいいのですが、某国在住の友人とSteps Tournamentの攻め方を考えてみました。

Stepsは、$12から$1065までスタート地点が選べるという利点はあるものの、気に食わない点がいくつかあります。

  1. S5で勝たないとまとまった賞金がもらえない。つまり、S1-S4で勝っても次のStepsへの参加権が得られるだけで、それを賞金に換えることはできない。その間、資金をハウスに無利子で預けているだけ。他においしいゲームがあっても資金として投入できない。
  2. S1-S4は上位に入れば次のStepsに進めてしまう。上手い人にとっては、ショートハンドのスキルを活かして、上位入賞することによって利益を増やす、という機会が無い。
  3. S1-S4まで地道にプレイするのは、正直かったるい。プレイしたいのは、敷居の低いS1と賞金がもらえるS5だけ。

まず、普通の人がSteps Tournamentに挑戦したときの期待値ですが、

S1: 11/12 = 0.917
S2: 50/55 = 0.909
S3: 200/215 = 0.930
S4: 500/535 = 0.935
S5: 1000/1065 = 0.939

S1からS5までを1セットとした時の期待値は

0.917 * 0.909 * 0.930 * 0.935 * 0.939 = 0.680

なんかひどい数字です。そもそも0.930くらいの期待値ならばルーレット(36/38 = 0.947)をやったほうがましです。

ん?ルーレット??いい考えかもしれません。

S5に参加するためには1,065必要です。ルーレット1点賭けで36倍を狙えば、元手は1,065/36 = 29.59あれば足ります。

普通の人の場合

入り口を同じ程度の 10+1 シングルテーブルトーナメントにした場合、

10+1 STT: 10/11 = 0.909

STTで入賞すると、平均(50+30+20)/3 = 33.33入ります。これをルーレット一点賭けします。

世の中にはゼロが一つしかないヨーロピアンルーレットというのがあるので、どうせならこっちをやります。

ER: 36/37 = 0.973

見事当たれば、S5に挑戦できます。

S5: 1000/1065 = 0.939

0.909 * 0.973 * 0.939 = 0.831

S1-S5をまともにやるより期待値がめちゃくちゃ良くなりましたw

少し上手い人の場合

仮に、S1では普通の人より期待値として1.2倍、以後レベルが上がるたびに倍率が0.05減って、S5で普通の
人と同じ期待値となる、少し上手い人がいたとします。

S1: 11/12*1.20 = 1.100
S2: 50/55*1.15 = 1.045
S3: 200/215*1.10 = 1.023
S4: 500/535*1.05 = 0.981
S5: 1000/1065*1.00 = 0.939

S1からS5までを1セットとした時の期待値は

1.100 * 1.045 * 1.023 * 0.981 * 0.939 = 1.084

この人が同じように10+1 STTでも普通の人より1.2倍の期待値が高いとします。

10+1 STT: 10/11*1.20 = 1.091
ER: 36/37 = 0.973
S5: 1000/1065 = 0.939
1.091 * 0.973 * 0.939 = 0.997

S1-S5と勝ち上がった場合に比べて、期待値は落ちてしまいました。それでも

1) 元手が$12 - $11 = $1安い。
2) S5にダイレクトバイインする(期待値0.939)よりは、期待値が高い。
3) ヨーロピアンルーレットは一瞬で終わる。S2-S4を省略した時間を、他の期待値が高いゲームで有効利用することができる。
4) 最初にあげた3つの問題点も、ほとんどクリアしている。

といった利点があります。

某国在住の友人はこのやり方をえらく気に入っていましたが、どうなることやら(^^)

|

« WPT@Bellagio Day 1 | トップページ | Two Plus Two Internet Magazine (その2) »

コメント

敢えて反論しましょう(笑)。
①S5で勝たないとまとまった賞金がもらえない。つまり、S1-S4で勝っても次のStepsへの参加権が得られるだけで、他においしいゲームがあっても資金として投入できない。

*確かにその通り。でも$1,000にダイレクト・インは普通はしたくない。
②S1-S4は上位に入れば次のStepsに進めてしまう。上手い人にとっては、ショートハンドのスキルを活かして、上位入賞することによって利益を増やす、という機会が無い。

*これはどうかな?S-4で最終的にスキルを発揮することが目的だからね。
③S1-S4まで地道にプレイするのは、正直かったるい。プレイしたいのは、敷居の低いS1と賞金がもらえるS5だけ。

*確かにかったるいよね。数回のチャレンジではS-5には行けないからね。

このSteps(ネット・ポーカー)は野球で言えば中学生の県大会クラスと位置付けられる。甲子園にはまだ遠いが甲子園への登竜門的レベル。つまり、養成訓練生みたいなもので、予備練習的な色合いが濃い。各地区予選を勝ち上がりながら強くなって行く様に、Stepを一つずつ上げていけば良いと思う。ルール・マナーその他殆んど何も知らなくても勝ててしまう未開の世界である。スト杯も同レベルと言える。

私は効率良く強くなりたいとは決して思わない。
むしろ、じっくりと時間を掛けて成長したい。
その為には下級クラスから這い上がっていく根性が必要であるが、敢えてこちらの道を選びたいね。ポーカーは非常に人間臭いゲームなので、個人の感覚的なセンスが大きな武器になるから長期的な醸造は欠かせない。味わい深い個性はそこから滲み出る心地よい香りだと思う。途中を省くことはなにごとに関しても良い結果は出にくいはず。
まぁ、ゆっくり・じっくりポーカーを楽しみましょう!

投稿: aki | 2004.12.22 09:16 午後

>味わい深い個性はそこから滲み出る心地よい香りだと思う。
クスクスと、ある人!?を想像してしまいましたw
香りね~。。。。。。
( ´△`)アァ-

個性ってすばらしいですね~w

投稿: ino | 2004.12.24 09:27 午前

さっそくプレーしてみました。
Step1 10回プレイして。4回通過
STEP2 4回プレイして1回通過、1回STEP2 Re-try 1回$30でout. Re-tryは12人のこったところで、システムトラブルで終了。再トライかと思ったら、$100位Re-fundされてきた。
STEP3はあっという間に轟沈
ということで。$120だして、$130戻ってきました。
緊張したゲームをつづけられるので、いいかも。
優勝をねらわなくていいので、私にはむいているかな。もう少し続けてみましょう。

投稿: samurai | 2004.12.26 09:03 午後

コメントありがとうございます。

2+2 forumを読んでると、やっぱ上手い人はS-5をダイレクトバイインしてるみたいです。

to: akiさん

ルーレットを使う戦略(?)は、普通の人や自由に使える時間が少ない某国在住の友人には有効ですが、上手くて時間がある人はじっくりS-1からやった方がいいでしょうね。

to: samuraiさん

S-1を10回中4回もクリアできれば、ルーレットなんてやらないほうがいいですね(^^)

また経過を教えてください。

投稿: awk | 2004.12.27 10:44 午前

発見宝島!SpeedTounamentで笑っちゃいました。約1,600人のbuyinでin the mpney後の休憩後のことです。手前が飛んでいたので私のone big,トイレから戻ってこれからと思いblindを確認した途端「なんだ、これは!」と思わず一人笑いしてしまった。なんとblindが10,000/20,000
になってる。私は10,000弱なのでここで終わりだとは思ったが、2分後はどうなるんだろう?と心配したら、今度はUTGがじっと考えている。次もその次も制限時間(1分)ぎりぎりまでクリックしない。どうしてかな?とテーブル状況をwatchすると、あちこちで同じことが起きてる。なるほど!合点!大笑い。チップリーダー除いて全員がショートBBじゃないか!これは面白いと思っているうちにボードが開いた。私は3・7offだったが3Hitで20,000になった。
ここからが、笑える。延々と30分間他テーブルの進捗とにらめっこで飛んだのが23位。なんと140位から23位まで一度もコールしなった。ハンドよりも他テーブルの進捗がゲームを支配するという傑作なTounament、ぜひ一度ご賞味あれ!(笑)。

投稿: aki | 2004.12.27 07:57 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/2321442

この記事へのトラックバック一覧です: Steps Tournament(その2):

» サテライト型のトーナメントはおいしいのか(その2) [侍 ]
 今回は、上級者・アドバンテージプレーヤーにとってサテライトがおいしいのかどうかを考える。前回と同じ競馬での例題から(例題) 4頭立てのレースが3つあり、いずれのレースでも、各馬のオッズは同等である。また控除率は25%であるとする。1着馬を2回に1回の割合で的中出来るエキスパートA、3回に1回の割合で的中出来る上級者B,4回に1回の割合で予想出来る凡人が、次のそれぞれの買い方をした場合のpay out率はそれぞれどうなるか? a) あるレースの単勝を100円買った場合。(配当は300円。)b)最... [続きを読む]

受信: 2005.07.06 01:52 午前

« WPT@Bellagio Day 1 | トップページ | Two Plus Two Internet Magazine (その2) »