« トラックバック削除 | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その1) »

2005.04.18

Tic Tac Toe

まるめさんのブログでも紹介されていますが、先日JPCの前夜祭でA2(呼び方はエーシーデューシーだったかな?)というゲームを遊びました。「2枚配り2枚使いのハイローでデクレア(おにぎり)無しのワンタイムドロー」というルールでしたが、ディーラーズチョイスで3枚配りの2枚使い(通称:3年2組)や4枚配りの3枚使いなども選んで遊びました。

A2もスピーディーで面白いのですが、5枚使ってポーカーの役を競う面白いゲームはないかなと思い、ネットを探していて、一つ面白そうなのをWikipediaで見つけました。

その名はTic Tac Toe。いわゆる昔からある3x3のマルバツゲームの英語名ですが、その名の通り3x3の共通カードを使うポーカーゲームです。

先日、スト杯で飛んだ後、紹介したら予想以上にウケがよく、あっという間に8人以上集まって3時間遊び続けるほどの大盛況でした。

ルールは簡単です。(スト杯では、一部間違えて紹介していました。)

Wikipediaの解説では、各プレイヤーに2枚とボードの123を配ってベッティング、ボードの456を配ってベッティング、ボードの78を配ってベッティング、ボードの9を配ってベッティングの合計4ラウンドです。

123
798
456

手持ちのカード2枚とボードの立て、横、斜めの計8種類の3枚からなる5枚のカードでポーカーの役を競います。

スト杯ライブでは、各プレイヤーに2枚配ってベッティング、ボードの123を配ってベッティング、その後は同じで計5回ベッティングラウンドとして紹介しました。

最初は人数が少なかったので8オアベターのハイローで遊びましたが、みんなハイローに慣れている人ばかりなので、人数が増えてもそのまま続けました。また、最初は2枚配りの2枚使いでしたが、途中から3枚配りの2枚使いにしました。Wikipediaでも、カードを3枚か4枚配って2枚使うというバリエーションが紹介されています。

また、リミット制でベット単位は2-2-4-4-8で遊びました。

Wikipediaでは、ポーカーいろいろなバリエーションがたくさん紹介されています。以前スト杯掲示板で紹介したChowahaもありました。また面白そうなゲームを見つけて遊んでみたいと思います(^^)

|

« トラックバック削除 | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/3756988

この記事へのトラックバック一覧です: Tic Tac Toe:

» いろいろなポーカーを調べる [九日亭]
 awkさんのブログでWikipediaに掲載されているゲームが紹介されています。  そういえば、最近は自分で新しいゲームを調べる、ということをしなくなっているな、と思い、久しぶりにCard Games(pagat.comと書いたほうが有名)を見てみました。  Pokerについてまとめられているページもありました。  ゲームの分類としては、PokerはShowdown GamesのVying Ga... [続きを読む]

受信: 2005.04.20 01:04 午後

« トラックバック削除 | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その1) »