« Tic Tac Toe | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その2) »

2005.04.20

WSOP 2005の参加イベント(その1)

最近悩んでいることがあります。それは、WSOP 2005でどのイベントに参加するかです。

一番理想的なのは、WPJ2で優勝してメインイベントに参加することかもしれませんが、6,000人という人数はともかく、7-9日間もぶっ通しで椅子に座り続けることに自信がありません。だんだん大きくなってきた子供を抱っこしていたせいで、3年前にぎっくり腰で痛めた腰を、昨年末にまた痛めてしまったからです。最近は大分良くなってきましたが、それでも長時間椅子に座り続けるとしんどくなります。

次の候補はもっと安いホールデムのイベントです。経験値の少ないポットリミットを避けると、リミットかノーリミットになります。が、ここで欲張りな考えが邪魔をします。

WSOPのイベントで優勝してブレスレッドを手に入れることは、僕の夢の一つですが、一番理想的なのは、1つ目のブレスレッドは是非有名な人とヘッズアップで戦って勝ちたいのです(^^)

昨年有名プレイヤーの比率($1,000以上)で調べた時には、有名人の上位3位入賞率はノーリミットホールデムの場合が多かったのですが、先日異変?で書いたとおり、今年はもしかしたらその入賞率が下がるかもしれません。

また、リミットホールデムは有名人の上位3位入賞率があまり高くありません。

どこの誰だか知らない相手に勝ってブレスレッドをもらっても、嬉しくともなんともありません(笑) 2つ目からは、数が勝負なので、どんな相手でも構いませんけどw

ホールデム系を候補から外します。

7カードスタッド系は圧倒的に経験値が少ないので外します。

次の候補はオマハ系です。オマハはハイもローも有名人の入賞率が高いようです。

ただし、オマハのハイはポットリミットでリバイありです。リバイは軍資金がいくらあっても足りなくなるような悪い予感がするので、候補から外します。スケジュールには$1,500と$10,000のイベントはリバイあるとは書いていませんが、ポットリミットオマハといえば昔からリバイイベントだし、誤記の可能性もあります(主催者に確認すればいいのか)。でも、そもそも、これも経験値が圧倒的に少ないので候補から外します。

となると、オマハハイローです。多少の経験値や自信もあるし有名人の上位入賞率も高いです。が、ここで、もう一つ僕の欲張りな考えが出てきました。

僕の夢のもう一つにTV放送されるイベントで勝ちたいというのがあります。去年のWSOPはメインイベント以外でもホールデムやスタッド、オマハのイベントがテレビ放送されました。ただし、放送されたのは全てワンウェイゲームです。つまり、ハイロースプリットではありません。おそらくルールが複雑になり、視聴者に勝敗がわかりにくい番組になってしまうからではないかと想像しています。

となると、オマハハイローも一番理想的とは言えません。

さて、困った。

じゃ、やっぱりホールデムか?いや、それともPLオマハハイか?いや、TV放送はあきらめてオマハハイローか?などと、あれこれ悩んでいると、全く検討していなかったゲームを一つ見つけました。



















































Razzです(^^;)

(続く)

|

« Tic Tac Toe | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その2) »

コメント

awkさん、いろいろあったようですが、楽しい話題にもどってよかったです。(愛読者として)

WSOPのメインは参加人数からみても「じゃんけん」ですね。
ブレスレットをとりたいのなら、やはり適正な人数(500人以下)のゲームじゃなきゃだめでしょう。
となると、やはりローボールやラズということになるのかなとも思います。

あと、実力的に自信があるなら No-limit Hold'em Shootout がいいかなとおもいます。
基本的にワンテーブルのメンバーに変更ないので、プレイ中に相手がどんどんかわるということはなく、相手のプレイを観察し勝負できるとおもうからです。ワンラウンドさえぬければ入賞がみえますし。(仮にワンラウンドを抜けれなくても、有名プレイヤーのプレイをじっくり体験できる。)
私は少人数のトーナメントでも優勝には縁が薄いので無理ですが、awkさんなら充分チャンスがあるとおもいます。

もちろん、個人的にはメインイベントにいっしょにでてもらいたいと思いますが。(心強いので)

投稿: samurai | 2005.04.21 11:26 午前

samuraiさん、コメントありがとうございます。

ご心配おかけしてすみませんでした(^^;)

どちらかというとショートハンドが好きなので、NLHE Shootoutについても検討していました。進行が最も遅いテーブルで無い限り、第1ラウンドが終わってから第2ラウンドが始まるまでに休憩が取れるのも魅力的です。

続きの記事にも書くかもしれませんが、6末の日程を選んだ一番の決め手になったのは、お友達がいるかどうかですね。心細いとまでは言わないけれども、一人ぼっちの食事は寂しすぎます(^^;

メインイベント頑張ってください。僕もWPJ2を頑張ります(^^)

投稿: awk | 2005.04.22 01:35 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/3783742

この記事へのトラックバック一覧です: WSOP 2005の参加イベント(その1):

« Tic Tac Toe | トップページ | WSOP 2005の参加イベント(その2) »