« WSOPメインイベントの傾向と対策(その3) | トップページ | WPT Season 3 DVD »

2005.08.11

決断力

WSOPの話から、また脱線です(^^;)

久しぶりに「日本語の本を読みたい」病にかかりました。

ポーカーを上手くなるためには、実際のゲームで遊んだり英語の本や雑誌の記事を読んだり他の人と意見を交換することが一番だと思いますが、同じことばかり1年中しているといくら好きとはいえ...飽きます。

そういう時に、他のゲームやスポーツのプレイヤー[が書いた|に関する]本や金融・ビジネス本を読むことがあります。

他のゲームやスポーツの本といっても、僕の場合は棋士が書いたエッセイ集の類が多いです。ポーカーとは全然違うゲームですが、同じ勝負事に取り組んでいる人が書いている話は結構参考になることがあります。

また、よくある例えとして「ポーカーは○○○のゲームだ(○○○にはカードとか相手の性格、といった言葉が入ります)」と言う事がありますが、僕に言わせると「ポーカーはチップ($)のゲーム」です。カードや相手はとても重要なファクターですが所詮情報の一つに過ぎず、その情報を利用するなり偽の情報を相手に与える努力はできても自分の思い通りにはなるとは限りません。自分が本当に自由にできるのは、チップをどう使かです。(狭い意味ではゲーム中のチェック、ベット、フォルド等、広い意味ではバンクロールマネジメントや余裕資金の運用等) そういう意味で金融・ビジネス本も参考になることがあります。


話が少しそれましたが、今回読んだのは 羽生 善治の「決断力」です。

10年以上もトップクラスの位置にいる人なので、その考え方は正統派であると同時にユニークな側面もあります。彼自身、将棋を現実社会に置き換えたり比べたりしていることがありますが、そのままポーカーに置き換えても通用しそうなことがあります。

もっとポーカーを上手くなりたい人、英語の本が苦手な人にお勧めできます(^^)

#この本を参考にして今後のスト杯で取ろうとしている戦略を書こうかと思ったけど、他の人が推理する楽しみを奪ってしまうので、今回はパスします。来年になってまだ覚えていたら書くかもしれません(^^)

|

« WSOPメインイベントの傾向と対策(その3) | トップページ | WPT Season 3 DVD »

コメント

awkさんこんにちは。マカオから帰ってきてようやくBlogの巡回を始めたら、
結構好きな話題が・・・。私も将棋や囲碁の棋士の本を読むのが好きで、羽
生善治も一時読みましたし、谷川浩司、米長邦雄、藤沢秀行なども好きです。

ポーカーに関して言えば、私の戦術(といえるのか?)の基本になっているの
は、木村義徳八段(木村十三世名人の子息で元A級棋士)の書いた「弱いの
が強いのに勝つ方法」です。大分前の本なので、もう絶版になっていると思い
ますが。それはともかく、また鍛えてやってください。ではまた。

投稿: TAIPA | 2005.08.17 12:23 午後

すみません。間違えました。
木村義徳八段 → 九段
木村十三世名人の子息 → 木村十四世名人の子息

投稿: TAIPA | 2005.08.17 12:27 午後

TAIPAさん、こんにちは。

谷川浩司の本は、少し生真面目なのか面白いエピソードが少なく、あまり印象に残っていません(^^;)

米長邦雄はユニークで面白いことをよく書いていますね。僕は「泥沼流」を参考にしてポーカーをやっていた時期がありました。

中国に行く船の中でポーカーやって、周りの人の小遣いを巻き上げたのは、藤沢秀行でしたっけ?(^^;)この人も、面白いですね。

木村義徳や「弱いのが強いのに勝つ方法」は知りませんでした。ライブの場合は、長時間やると正体がばれるのでヒット&アウェイがいいかもしれませんね。トーナメントの場合は、決勝テーブルになる少し手前(7人x2くらい)でやれば大変効果があるような気がします。

投稿: awk | 2005.08.17 05:34 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/5405430

この記事へのトラックバック一覧です: 決断力:

« WSOPメインイベントの傾向と対策(その3) | トップページ | WPT Season 3 DVD »