« トーナメントにおけるチップの価値(その109):猛獣スタイルと上位入賞率 | トップページ | JPC2006 »

2006.03.20

AKs vs A6o

先週の金曜日は、エベレストポーカーカップでした。

序盤でsatoさんやnっち大先生から沢山チップをもらって7,000点を超えました。今日も好調です。もうちょっと増やせば、猛獣になれます。

残り3テーブルになったところで、突然後ろの席に座っていた人が早く飛んで帰りたいとオールインを続けました。1回目は誰かがコールして勝ちましたが、その後は誰もコールしません。

('∀`).oO(チップ置いてけばいいじゃん)

という空気が漂っていますが、

(`∀´)「チップ置いていってもいいけど、これもポーカーだ!」

だそうです(´∀`)

僕のBBの時もUTGからオールインしています(´・ω・`)

でも、この人がカードを見ていないのは確認しました(*´ェ`*)

この人のチップ量は2000点くらい。

ランダムカードvsランダムカードなら、僕が2連敗する確率は25%です。

AKs vs A6o みたいなもんです。

僕が勝てば、
・僕のチップが増えて猛獣になれる
・この人も早く帰れる
と、WIN-WINの関係ですw

念のため、僕のカードを確認するとQ5oです。ランダム相手に50%くらいの勝率があります。ということで、勝負!

相手→QQ (;;゚;Д;゚;;)

まじで?

当然のように負けます。

次もボタンまで全員降りました。

僕がSBで相手はBB。一応カードを確認するとT7o。これはよく知らないけど50%くらいは勝てそうです。(後で調べたら48%くらいでした)

相手→A5o。。(((( ;゜Д゜))))

フロップでオープンエンドになりましたが、何も落ちずに終了(ToT)

satoさんやnっち大先生に「何でここにいるの?」という視線を浴びつつ、まったりとライブやミニトーで遊びました。

#その後の行方はよく知りませんが、もう1人の空気を読める方がキッチリと仕事をしてくれたみたいです(`・ω・´)

|

« トーナメントにおけるチップの価値(その109):猛獣スタイルと上位入賞率 | トップページ | JPC2006 »

コメント

私は「大先生」と呼ばれる程の者ではありません。
よろしくお願いします。

投稿: nagacchi | 2006.03.26 10:57 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/9172135

この記事へのトラックバック一覧です: AKs vs A6o:

« トーナメントにおけるチップの価値(その109):猛獣スタイルと上位入賞率 | トップページ | JPC2006 »