« JPC2006~猛獣スタイルの奥深い世界1 | トップページ | JPC2006(3)~猛獣スタイルの奥深い世界1 »

2006.03.30

JPC2006(2)~猛獣スタイルの奥深い世界1

2レベル毎の10分間休憩を終えて、レベル3が始まった。ブラインドは75-150である。私の右隣は外人ゲスト用の席で、いろいろなゲストとプレイする機会を用意するという配慮によって1レベル毎にプレイヤーが入れ替わる。レベル2で隣にいたリンダは3番テーブルに移り、Inside Pokerというテレビ番組のスタッフが右隣に座った。このプレイヤーも比較的アグレッシブなプレイヤーだった。

しばらくして、UTGのゲストがリンプインした。私のカードは55で、コールした。左隣のmotoさんもコール、bertさんもコール。その他にも1人くらいコールした人がいたかもしれない。BBのitooさんがチェックした。フロップで5-3-2クラブが2枚)と出て、BBがチェック、ゲストが300点ベットした。

私は1,200点にレイズした。トップ3本とはいえ、この人数とフロップのテクスチャはスロープレイするような状況ではない。レイズすれば、仮に後ろのポジションでドローを持っている人がいたとしても、UTGがリレイズする可能性を考えるとそう易々とはコールすることはできないだろうと考えてた。ところが、である。motoさんがコールし、続いてbertさんもコールしたのである。ベットしたゲストは、悩んだ末フォールドしてしまった。

大変、危険な状態である。この時点での推測は、motoさんはフラッシュドローでは無く33、22、A4であると思った。64はありえない。bertさんは、もっと可能性が広がって33,22、A4に加えて64、ストレート/フラッシュ・ドロー、2ペアなど何を持っていてもおかしくはない。現時点で55がベストハンドである可能性は少し低くなった。

ターンは、クラブの7が落ちて、クラブが3枚になった。最初にアクションしなくてはいけないのは、私である。【とっさに判断したのは、ベットしなくてはいけないということである。】{チェックしたら、私がフラッシュを恐れていることが見え見えであり、打たれ放題である。ベットすれば、ストレートを持っている人に降りるチャンスを与えることができる。かといって、オールインはありえない。もし私がフラッシュ(特にナッツフラッシュ)を持っていたら適正額をコールしてもらって稼ぎたい(と、相手は考えるであろう)から、オールインなどするはずが無い。}

【そして、もう一つ判断したのは、ベット額を考えるのに時間をかけてはいけないということである。】{ベットすると決めた以上、フロップで自信満々にベットしているのにターンで悩ましげにベットしては相手にヒントを与えてしまう。}

(実際にその場で考えたことは【 】内に書いたことだけで、{ }内に書いたことはまで考えていません。今までの経験から{ }の思考過程は省略して【 】が思い浮かびます。)

ここまで考えている間(ということは、この時点で既に1、2秒は経っていたと思う)に、右隣のゲストががっかりした様子を見せた。何かをしゃべったのを聞き取ることはできなかったが、彼はフラッシュドローを持っていたようである。

では、何点ベットするべきか?ここで私の経験不足が明らかになる。

(続く)

|

« JPC2006~猛獣スタイルの奥深い世界1 | トップページ | JPC2006(3)~猛獣スタイルの奥深い世界1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/9333134

この記事へのトラックバック一覧です: JPC2006(2)~猛獣スタイルの奥深い世界1:

« JPC2006~猛獣スタイルの奥深い世界1 | トップページ | JPC2006(3)~猛獣スタイルの奥深い世界1 »