« チャンピオンと登頂者の違いを知っているか? | トップページ | STEPS 2006/04/04 実況中継 »

2006.04.04

JPC2006(完結編)~猛獣スタイルの奥深い世界1

TAIPAさんの真似をして書き始めたものの、全く面白く書けませんでした(^^;)

ここからは、僕流に思いつくまま。。。

・レベル4が終わって、持ち点は23,000点。

・レベル5でBertさんとぶつかる。ボードQ-T-9-8-Jで、僕はAK、BertさんはKT。これでチップは40,000点くらいになる。

・レベル6でリンダと2回ぶつかる。1回目はカットオフからのリンダのレイズにリレイズしたらオールインされて降りる。

・2回目は、UTGからのリンダのレイズにコールして、フロップでのベットにオールインしたら、リンダが降りる。

・それ以外にこっちで4,000点、あっちで5,000点、そっちで6,000点、といった感じでチップを増やし続け、60,000点になる。この時点で残り30人くらいなので、かなり飛ばしすぎ(笑)

・レベル7くらいで一度1番テーブルに移る。ブラインド1週くらい遊んだあと、すぐに2番テーブルに戻る。

・戻った2番テーブルでは4番シートで、リンダの右隣になってしまい、とてもやりづらくなる。

・レベル8で、残り2テーブルになる。2番テーブルにマーク、ジャンの外人部隊がやってきて、さらにやりづらくなる。そして55,000点で夕食休憩に入る。

・レベル9でショートスタックも暴れだし、ますますやりづらくなる。チップも徐々に減って40,000点くらいになり、リンダにチップ量でリードされる。

・SBでAAが入る。BBのリンダとヘッズアップで16,000点くらい直撃してチップ量が逆転する。

・UTGで再びAAが入る。レイズするとリンダがKQでオールイン。これに勝って、リンダを飛ばし100,000点くらいになる。

・その直後SBかボタンでAKが入る。レイズするとマークがA8でオールインする。ターンで8が落ちて、マークを飛ばし損ね、チップ量は75,000点くらいに減る。

・決勝テーブルに進む。チップ量は全員3万から7万くらいで、ブラインドは1、500-3、000。

・dufferさんに勝って10万点に復活する。

・UTGのなーみーのレイズの後、oider君のレイズ・オールインにQQでぶつけて勝ち、残り6人で20万点になる。

・チップ20枚のスタックが15本以上になって5段ピラミッド完成(笑)

・なーみー vs shinさん vs マークで、マークが勝って、イン・ザ・賞品確定。

・せりえさんがジャンを飛ばす。

・そのせりえさんをマークが飛ばす。つまり残り6人時点での僕以外の点数がごっそりマークに流れてしまう。

・いよいよヘッズアップ。しばらくするとリレイズ・オールイン@プリフロップやチェックレイズ@フロップされて80,000点まで減る。

・軽くあしらわれているように見えたのは残念だけど、ブラインド4,000-8,000でチップ量は1:4。これくらいのブラインドなら、1:10くらいのチップ差から逆転したことは今までに何回もあるし、まだ気持ちの余裕はある。

・SBB(スモールブラインド・ボタン)から6h6?でレイズする。オールインされてコールする。マークはAsJd。

Jpc2006_last_hand_preflop

フロップは、



















Jpc2006_last_hand_flop

そしてターンは、



















Jpc2006_last_hand_turn

少し冷や冷や(^^;)

で、リバー。



















そのままぁщ(゚Д゚щ)



















Jpc2006_last_hand_river

( ゚Д゚) ガーン

マークに勝てなかったのは残念でしたが、負けてしまったものは仕方がありません。

次、頑張ります(`・ω・´)

もう一つ残念だったのは、せりえさんとヘッズアップになることができなかったことです。2月のJUMPSで初めてせりえさんとヘッズアップになったのですが、この時はゆっくり遊ぶことができませんでした。JPCで残り3人になった時には対せりえさんになることを切に望んでいたのですが、リバーでマークがまくってしまいました。

それ以外は自分のやりたいようにプレイすることができたし、久しぶりにアフターにも合流できたし、とっても楽しい一日でした。

ぶる~が”君は2番!”で書いているように、最近は長いトンネルを一つ抜けたような気がしています。もう次のトンネルが見えてきていますが、またいつか出口が見つかると思って頑張ります。

一番大きな収穫は、ヘッズアップの勉強/練習をもっとしなくてはと思ったことです。

今まで特に練習しなくてもヘッズアップになってからは6:4くらいで勝っていたのでおろそかにしていたけど、最近のように2位ばかりの成績が続くと少し考えさせられます。トーナメントでは1位になるか2位で終わるかで利益が大きく変わります。勉強/練習することで、もっと1位になるチャンスが増えるのなら、努力する甲斐は十分あるでしょう。少なくとも今のまま何もしないよりはいいはずです。

来年のJPCが今から待ち遠しい、今日この頃です(^^)

|

« チャンピオンと登頂者の違いを知っているか? | トップページ | STEPS 2006/04/04 実況中継 »

コメント

マークとのヘッヅアップ、
「簡単にあしらわれて~」と僕のブログ書いてしまい、
お気を悪くされてしまったのなら、申し訳ないです。

今思えば、彼のフロップチェックレイズも、
スティールレイズではなかったのかもしれないですね。

僕の早とちりかもしれません。

ぶるーさんはawkさんが2番と書いてますが、
僕の中では1番です。(多分)

っていうか、ぶるーさんの本気モードを生で見たことないので分かりませんが・・・。

来年のJPCは、外人部隊をやっつけちゃってください。
僕も腕を上げてその場に残れるようにがんばります。

投稿: oider | 2006.04.05 10:35 午前

楽しく読ませていただきました。私の文章などよりよっぽど面白いですが、色・フォントを変えるのをやられたのには驚きました(笑)。

最近のawkさんとご一緒するといつもチップ量に大差をつけられているので、勝負したら一撃でやられてしまうため食い下がることができないのが残念です。「究極のポジティブ・シンキング」は私のような弱気の虫には大変参考になります。今度は"私はawkさんだ"とつぶやきながら(バレる?)歯を食いしばってみようと思います。ではでは。

投稿: TAIPA | 2006.04.05 12:33 午後

oiderくん、コメントありがと。
いつも楽しみにブログ読んでいます。
そして密かに応援してます、頑張ってください(^^)

あと、全然怒っていませんよ(^^;)
ごめんね、しつこくて(笑)

TAIPAさん、中途半端なパクリですみませんでした(^^;)
「ポジティブシンキング」とかカッコつけて書きましたが、要は勘とかに頼るのではなく、何でもいいから根拠付けをしたいだけです。じゃないと後で振り返った時に吠さんが書いていたような妄想野郎になっちゃいますから(笑)

また遊んでください。ではでは。

投稿: awk | 2006.04.06 10:43 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30810/9357561

この記事へのトラックバック一覧です: JPC2006(完結編)~猛獣スタイルの奥深い世界1:

« チャンピオンと登頂者の違いを知っているか? | トップページ | STEPS 2006/04/04 実況中継 »